挨拶文

  1. ホーム
  2. 会議概要
  3. 挨拶文

ホームページ開設について

「九州・大学発ベンチャー振興会議」は、大学発ベンチャー創出のため2017年2月に立上げ、九州の大学・事業会社・銀行・ベンチャーキャピタルおよび経済団体をつなぐオール九州のプラットフォーム※1としての役割を果たし、ギャップ資金(大学シーズ育成資金)やアントレプレナーシップ教育等の提供を行うことで、大学のシーズからベンチャーを創出するエコシステムを構築して参りました。
特に本会議のギャップ資金制度は、支援策が不足していると言われるプレベンチャー支援であり、産業界からの寄附による日本で初めての取組で、文部科学省、経済産業省からも注目されています。そして2022年度からはJSTの大学発新産業創出プログラムに採択されたPARKS※2と連携して大学発ベンチャー創出に取り組んでいます。
また本会議では企業ニーズと大学シーズのマッチングも行っております。具体的には企業が大学に自社の課題(ニーズ)を提示し、大学が適合するシーズを探索する活動、及び企業に大学の公開しているシーズから自社の課題に適合するものを探索いただく活動によるマッチングです。
本会議の活動は、日本の発展にとって必要不可欠な地域創生の一環であり、九州から日本を動かすアクションの一つと成ればと願っています。
そのためこのホームページは本会議の活動を広く知っていただき、会議の充実と継続できる体制拡充のために賛同頂ける企業会員様を募集すること、及び日本の他地域にも広めて参りたいとの目的から開設いたしました。
本会議の活動にご関心をお持ちになった企業様、各地の経済団体様からのご連絡をお持ち申し上げます。

九州・大学発ベンチャー振興会議事務局

※1 18大学(準会員5大学含む)、22事業会社、10金融機関、1生保、3VC、6経済団体(2023年10月時点)
※2 2022年に度国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)による「大学・エコシステム推進型スタートアップ・エコシステム形成支援」の採択を受け、オール九州・沖縄圏一体でアジアとつながるスタートアップ・エコシステムを創出することを目指し、九州・沖縄・山口の18大学と株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ(FVP)によりPlatform for All Regions of Kyushu & Okinawa for Startup-ecosystem(PARKS_パークス)として全19機関で活動。

リンク先